ConoHa WING(コノハウイング)に登録する手順

コノハウイングへの登録手順WordPress

今回は、

  • アフィリエイター・ブロガーが使いたいレンタルサーバー No.1
  • WordPress 利用者満足度 No.1
  • サポートデスク対応満足度 No.1

と、かなり評判の良さそうなレンタルサーバー「ConoHa WING(コノハウイング)」の登録手順をご紹介したいと思います。

レンタルサーバーに登録するのは初めてで不安

という方でも、画面キャプチャを見ながら同じように進んでいけば、問題なく登録できますので、

ブログを始めたいけどやり方がわからない

という方も、ぜひチャレンジしてみてください。

お持ちのスマホやタブレット等でこの記事を開いておくと、パソコンで登録作業がしやすいですよ。

サブモニターをお持ちの方は、サブモニターにこの記事を表示しておきましょう。

それではさっそくこちら→ ConoHa WING 公式ホームページ から、ConoHa WING のホームページにアクセスしてみましょう。

スポンサーリンク

ConoHa アカウントを取得する

わかりやすいコノハウイングへの登録方法
ConoHa WING ホームページより引用

最初に、ConoHa WING を利用するために必要な、ConoHa アカウントを取得しましょう。

トップページの「今すぐお申し込み」をクリックすると、「お申し込み」画面が開きます。

わかりやすいコノハウイングへの登録方法
ConoHa WING ホームページより引用

初めて利用する場合は「初めてご利用の方」のところに

  • メールアドレス
  • パスワード

を入力します。

すでに ConoHa WING アカウントを作っている場合は「ConoHa アカウントをお持ちの方」から「ログイン」作業をおこなってください。

登録したメールアドレスとパスワードは、必ず控えておきましょう。

ノートに手書きでも構いませんが、パソコンのメモ帳にコピペするのが手軽でお勧めです。

メールアドレスとパスワードを入力し、メモし終わったら「次へ」を選択しましょう。これでConoHa アカウントの取得は完了です。

続けて、料金タイプの選択に進みましょう。

料金タイプを選択する

ConoHa WING には

  • WING パック
  • 通常

の2つの料金タイプが用意されています。

WING パック

わかりやすいコノハウイングへの登録方法
ConoHa WING ホームページより引用

通常、レンタルサーバーの契約と、独自ドメインの契約は別々におこないます。そして、自分でサーバーにドメインを設定する必要があります。

しかしこの WING パックなら、レンタルサーバーと独自ドメインがセットになっているので、

  • 独自ドメインを取るのが初めて
  • ドメインの設定方法が分からない

という方でも、簡単にドメインを取得・設定することができます。

ドメインとは:個々のコンピュータを識別し、接続先を指定するために使用される名称の一部。

Wikipediaより

ConoHa WING 公式ホームページ

今回の手順では、こちらの料金タイプで説明していきます。

通常

わかりやすいコノハウイングへの登録方法
ConoHa WING ホームページより引用

ドメインの取得や設定が自分でできる、という方には、通常料金プランも用意されています。

利用期間が1ヶ月に満たない場合、レンタルサーバーを利用した時間分の料金のみ、という珍しいシステムです。

プランごとに上限金額が決まっているので、思ったより使ってしまった場合も最大1,200円~最大4,800円の負担で済みます。

駐車場で例えると、WING パックは月極駐車場で、通常プランは100円パーキングのようなものですね。

WING パックで登録をおこなう

わかりやすいコノハウイングへの登録方法
ConoHa WING ホームページより引用

今回は、WING パックでの登録手順をご紹介していきます。

料金タイプのページ上部に

  • WING パック
  • 通常

2つのタブがありますので、WING パックと書いてあるタブを選択しましょう。

このページで

  • 契約期間
  • プラン
  • 初期ドメイン
  • サーバー名
  • WordPress かんたんセットアップの利用可否
  • WordPress テーマの購入可否

をそれぞれ決めていきます。

契約期間

WING パックの契約期間は

  • 3ヶ月
  • 6ヶ月
  • 12ヶ月
  • 24ヶ月
  • 36ヶ月

から選択します。

契約期間が長いほど、1ヶ月当たりの金額が安くなります。でももしブログが継続できなかったら、支払ったお金は無駄になってしまいます。

  • ブログを続けられそうか
  • 一括でいくらなら支払えるか

をよく考えて、契約期間を決定してください。

「12ヶ月で契約して支払いは1ヶ月分ずつ」といった支払い方はできません。
契約した期間分の金額を一括で支払うことになりますので、慎重に検討しましょう。

プラン

続けてプランを選びましょう。

WING パックには

  • ベーシック
  • スタンダード
  • プレミアム

と、3種類のプランが用意されています。

初めてレンタルサーバーを契約する方なら、一番安いベーシックで問題ありません。

初期ドメイン

サーバーを契約する際、必ず初期ドメインの設定が必要になります。自分のわかりやすい文字列を設定しておきましょう。

この初期ドメインは、WING パックにセットされている無料独自ドメインとは別の物です。

無料独自ドメインは、後の工程で設定するところがあります。

サーバー名

サーバー名は自動で付与されますので、考えなくても大丈夫です。自分で好きな名前にしたい場合のみ、設定をおこなってください。

WordPress かんたんセットアップ

画面を下にスクロールし、WordPress に関する設定をおこないましょう。

WordPress かんたんセットアップを「利用する」を選択し

  • 作成サイト名
  • 作成サイト用新規ドメイン
  • WordPress ユーザー名
  • WordPress パスワード

をそれぞれ設定していきます。

作成サイト名

作成したいサイトのタイトル(サイト名)をここで設定しましょう。この項目はいつでも変更可能です。

作成サイト用新規ドメイン

WING パックの特典である「無料独自ドメイン」をここで取得します。

独自ドメインはサイトアドレスの一部になりますので、サイトのタイトルや内容に沿ったドメインを考えましょう

ドメインの取得は早い者勝ちなので、考えていたドメインが既に取得されていることもあります。前もって、候補をいくつか考えておくことをお勧めします。

このサイトでいうと、「rasiku-blog」の部分が独自ドメインにあたります。

WordPress ユーザー名

WordPress にログインする際に使用する、ユーザー名をここで設定します。

WordPress パスワード

WordPress にログインする際に使用する、パスワードをここで設定します。

WordPress ユーザー名とパスワードを忘れると、WordPress にログイン出来なくなります。必ず控えておくようにしましょう。

WordPress テーマ

WordPress のセットアップと同時に、テーマを購入するかどうかをここで決められます。

テーマは、サイトの見た目を簡単に変えられる機能です。

また、吹き出しが入れられたり、写真が自動的にスクロールしたり、テーマによって様々な機能が用意されています。

2020年8月現在、用意されているテーマは

  • Cocoon
  • SANGO
  • JIN

の3種類です。

Cocoon のみ無料で、残り2つも割引価格になっています。必要に応じてチェックを入れましょう。

当サイトは Cocoon を利用しています。無料ですが、便利な機能が色々あってとても便利です。

最初は Cocoon で十分だと思いますが、「折角割引になるから買いたい」という方は、必要なものにチェックを入れてください。

すべての項目が設定できたら、画面右側で内容と合計金額を確認し次へを選択しましょう。

お客様情報入力

次に、申込者の情報の入力画面です。画面の案内に沿って、正しく必要事項を入力しましょう。

お客様情報入力時の注意点

郵便番号を入力すると、市区町村が自動入力されますが、都道府県が東京都のままでした。自分で正しい都道府県を選び直すようにしてください。

SMS / 電話認証

わかりやすいコノハウイングへの登録方法
ConoHa WING ホームページより引用

続けて、本人確認のため SMS / 電話認証をおこないます。携帯電話番号を入力し、「SMS 認証」「電話認証」どちらかを選択してください。

わかりやすいコノハウイングへの登録方法
ConoHa WING ホームページより引用

届いた認証コードを枠内に入力し「送信」を選択すれば、本人確認完了です。

支払い方法登録

本人確認が完了したら、支払方法を登録していきます。

2020年8月現在、利用できる支払方法は

  • クレジットカード払い
  • ConoHa チャージ
  • ConoHa カード

の3種類です。

クレジットカード払い

わかりやすいコノハウイングへの登録方法
ConoHa WING ホームページより引用

2020年8月現在、利用できるクレジットカードは

  • VISA
  • MastarCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners Club

となっています。

ConoHa チャージ・ConoHa カード

ConoHa チャージと ConoHa カードは、どちらも事前のチャージ・購入が必要な支払方法です。

詳しくはホームページでご確認ください。

支払い方法を入力し、申込み内容を確認したら「お申し込み」を選択しましょう。

セットアップされるのを待つ

わかりやすいコノハウイングへの登録方法
ConoHa WING ホームページより引用

少し待つと、画面に「WordPress をインストールしました!」とポップアップが出ます。この画面で

  • サイトURL
  • 管理画面
  • データベース(DB)
  • DB ユーザー名
  • DB パスワード

が表示されるので、すべて控えておくようにしましょう。

さらに少し待つと、画面左下に「ご確認ください。ステータスが稼働中になりました。画面の更新を行ってください。」と表示されます。

わかりやすいコノハウイングへの登録方法
ConoHa WING ホームページより引用

更新を行うと「成功しました。アプリケーションインストール」と表示され、セットアップは完了です。

わかりやすいコノハウイングへの登録方法
ConoHa WING ホームページより引用

閉じる」を選択すると、ConoHa WING のコントロールパネルに移動します。

わかりやすいコノハウイングへの登録方法
ConoHa WING ホームページより引用

以上が、レンタルサーバー ConoHa WING の登録手順となります。

登録するタイミングによって、画面の表示に多少変更があるかも知れません。その点はご了承いただけたら幸いです。

WordPress をはじめてみたい方、そして自分のサイトを作りたい方にとって、最初の関門がレンタルサーバーの契約ではないでしょうか。

実際に登録作業をおこなってみましたが、流れに沿って進めば特に迷う部分はありませんでした。

WordPressでのサイト作成に興味がある方、まずはじめの一歩としてレンタルサーバーを登録してみませんか?
それでは。

タイトルとURLをコピーしました