左右に分かれた表の作り方

Word

コンピュータサービス技能評価試験(通称:CS検定)、ワープロ部門2級の中で、特に時間がかかるのが「課題2」の表作成です。

特に、左右に分かれた表は、作り方がよく分からないという方も多いです。
そこで今回は、左右に分かれた表の作り方を解説してみたいと思います。

仕組みが分かれば、通常の表作成と同じなので、サイトを見ながらゆっくり真似してみてください。

スポンサーリンク

別々の表を横に並べることはできない

今回作ってみるのは、下図のような表です(表内の文字は省略)。

横に並んだ表の作り方

こういった形の表を作る時、まず知っておいて欲しいことは

別々の表を横に並べることはできない

という点です。

ではどうやって作っているかというと、1つの表で作っています。表と表の間に空白があるので、一見別の表のように見えますが、作り方としては1つの表です。

罫線を非表示にする

1つの表を、あたかも別々の表が隣り合っているように作るためには、表と表の間を空白にしなければなりません。

どうやって空白を作るかというと、その部分の罫線を非表示にします。

作成手順

では実際の作成手順を見てみましょう。

列数と行数を数えて表を挿入する

見本を参考に、挿入したい表の列数と行数を数えます。このとき、空白に見える部分を1列として数えておくのがポイントです。

どんなに幅が狭い隙間であっても、1列と数えて挿入するようにしましょう。

見本の表で列数と行数を数えてみると、下図のようになります。

横に並んだ表の作り方

つまり今回挿入する表は、

5列×6行の表(もしくは6行×5列の表)

ということになります。

横に並んだ表の作り方

表を挿入したい箇所にカーソルを立て、表を挿入してください。

罫線を移動する

表を挿入したら、見本を参考に罫線の移動をおこないましょう。

横に並んだ表の作り方

罫線の移動をおこなう際は、[Alt]キーを押しながら移動すると、スムーズに移動できて合わせやすいですよ。

本来のCS検定であれば、上下の文字列を参考に罫線を合わせると思いますが、今回は文字がないので、右側2列は半分ずつくらいになっていればOKです。

罫線を非表示にしたい列を選択する

次に、罫線を非表示にしたい列を選択しましょう。

横に並んだ表の作り方

横に並んだ表の作り方

「線種とページ罫線と網かけの設定」ダイアログボックスを表示する

列選択ができたら、下図を参考に「線種とページ罫線と網かけの設定」ダイアログボックスを表示しましょう。

横に並んだ表の作り方

[Alt]キー、[A]キー、[B]キーの順番に押すと、マウスを使わずに「線種とページ罫線と網かけの設定」ダイアログボックスを表示することができます。

「線種とページ罫線と網かけの設定」ダイアログボックスが表示できたら、

横に並んだ表の作り方

不要な横罫線を非表示に設定しましょう。

下図のように、プレビューの横罫線をクリックすることで、実際の表の横罫線を非表示に設定できます。

横に並んだ表の作り方

横罫線をクリック、もしくは左横にある3つのボタンをクリックし、

横に並んだ表の作り方

プレビューの横罫線が非表示になったことを確認したら、「OK」ボタンをクリックしてワードの画面に戻ります。

横に並んだ表の作り方

ワードの画面に戻り、どこか別の場所を一度クリックしましょう。

列選択が解除され、横罫線が非表示になっていることが確認出来る筈です。

あとは、見本を参考に罫線の設定をおこなえば完成です。

横に並んだ表の作り方

以上が、左右に分かれた表の作成方法です。

CS検定のワープロ部門2級では、この形の表が出題される確率が非常に高いです。2級を受験予定の方は、ぜひ練習をしてみてください。

それではまた。

いつも「らしく」ブログをご利用いただきありがとうございます。
今後の記事作成の参考にする為、アンケートにご協力をお願いしています。

アンケートの回答に際し、個人情報の入力などは一切ありません。
「協力してもいいよ」という方は、下のリンクもしくはサイトトップのメニュー内「アンケート受付中」よりご回答ください。
アンケートに協力する♪

「らしく」ブログ管理人

Wordパソコン資格
スポンサーリンク
記事の更新情報を入手する
「らしく」ブログ
タイトルとURLをコピーしました