【ワードプレス】ブログにTwitterの投稿を埋め込む(Gutenberg)

簡単なワードプレスの使い方WordPress

こんにちは。

今わたしは、ワードプレスでブログを運営して、ブログの収入を増やせるかというチャレンジをおこなっています。

分からないこと、知らないことがたくさんあるので、その都度ネットで検索して調べていますが、答えが見つからないこともあって。

例えば今回、わたしが困ったことは、

ブログの記事内にTwitterの投稿を埋め込みたい

ということでした。

ネットで情報収集すると、

「テキストで貼り付ければいい」

という答えばかり出て来ます。

でも「テキスト」の意味がわからず、わかりやすい記事も見つからず、

「テキストって何?????」

と行き詰まってしまいました。

だってわたしのワードプレスに、そんな項目見当たらないし・・・。

で、結局何とか自力で解決策を見つけました。
なので、その方法を備忘録がてら残しておきます。

同じことで困っている方のお役に立てば幸いです。

スポンサーリンク

投稿内にTwitterを埋め込む

わたしは「Cocoon」というテーマを適用していたので、

ネットで

Cocoon Twitter 埋め込む

と検索しました。
すると次の投稿にぶつかります。

「Cocoon」を開発した偉大な「わいひら」さんの公式ホームページです。

※いつもお世話になってます

上のリンクは、公式ホームページ内の質問コーナー(フォーラム)でのやり取りです。
その中で、

ビジュアルではなくて、テキストに貼り付けると出ました。

というコメントがあり、それで解決という流れに。

ただ、この「ビジュアル」「テキスト」というのは、ワードプレスの旧エディタの機能で、現在主流の新エディタ(Gutenberg)にはありません。

新エディタ(Gutenberg)はブロックエディタなので、色んな種類のブロックを使い分けて記事を作成していく形式です。

そしてそのブロックの中に「テキストブロック」というものはありません。

一生懸命探しても、見つかりませんでした。

段落ブロック」に普通に貼ってもダメ、
Cocoonブロックの中の「Twitter」を使ってもダメ、
埋め込みブロック」に貼ってリンクに変えてもダメ。

最後に、

カスタムHTMLブロック」に貼ってプレビューを確認してみると、

表示されました~~~~!!!!!

カスタムHTMLブロック」は、フォーマットグループにあります。

スポンサーリンク

「カスタムHTMLブロック」へのTwitterの貼り付け方

では早速、苦労して見つけた方法をご紹介していきます。

ブロックの追加」をクリックします。

ワードプレス内にTwitterの投稿を埋め込む方法

フォーマットグループから「カスタムHTMLブロック」を探し、クリックします。

ワードプレス内にTwitterの投稿を埋め込む方法

HTMLを入力」の部分に、別途取得したTwitterのコードを貼り付けます。

ワードプレス内にTwitterの投稿を埋め込む方法

※Twitterのコード取得方法は、以下の記事でご紹介しています。

コードを貼り付けると下のような形になります。
プレビューをクリックすると、Twitterの投稿内容が確認できます。

ワードプレス内にTwitterの投稿を埋め込む方法

投稿内にTwitterが埋め込めない事件で気づいたこと

今回気づいたこと。

今、ブログ界で著名な方々って、記事を書いた時は旧エディタしかなかったから、新エディタの記事があまりないんですね。

※新エディタ(Gutenberg)が登場したのは、確か2018年です。

逆にわたしは最近始めたので、最初から新エディタ(Gutenberg)派。

今後も、ネットで調べて答えが出ないことがたくさんありそうです。
幸い、ネットでわからない事を調べるのは苦じゃないので(あんまり見つからないと多少イライラしますが)、また何かわからない事を調べたら、記事にして共有していければと思います。

誰かのお役に立てば幸いです。
それでは。

いつも「らしく」ブログをご利用いただきありがとうございます。
今後の記事作成の参考にする為、アンケートにご協力をお願いしています。

アンケートの回答に際し、個人情報の入力などは一切ありません。
「協力してもいいよ」という方は、下のリンクもしくはサイトトップのメニュー内「アンケート受付中」よりご回答ください。
アンケートに協力する♪

「らしく」ブログ管理人

WordPress
スポンサーリンク
記事の更新情報を入手する
「らしく」ブログ
タイトルとURLをコピーしました